川本眼科

文字サイズ

小 中 大

川本眼科だより

川本眼科だより 207緑内障の視野検査 2017年4月29日

視野検査には種類がいろいろあり、目的によって使い分けます。例えば、脳梗塞が原因で視野が狭くなった場合はゴールドマン視野検査が標準的な検査法です。 

緑内障の場合はハンフリー視野検査が世界的に標準検査とされています。緑内障は「視神経の神経線維が減少して脳に情報が伝わらなくなる=視野が徐々に欠けていく」という病気ですから、視野検査は病状を把握するための最も大切な検査だと言えます。

今回は、ハンフリー視野にまつわるよもやま話です。

閾(いき)値(ち)検査

ハンフリー視野検査では、網膜上に等間隔で測定点を設定し、その測定点に届くように光を投映します。光はモグラたたきのように「ここかと思えばまたあちら」とランダムに投映されます。  「30-2」と呼ばれるプログラムが緑内障検査用によく使われますが、下記の写真のように、網膜上にかなり広めの間隔で76の測定点が設定されています。