川本眼科

文字サイズ

小 中 大

院長のつぶやき

院長のつぶやき 40年ぶりにパンクを経験 2018年1月15日

つい最近、パンクを経験した。
長い間、タイヤがパンクしたことはなかった。
生涯で2度目。

もともと、新車の時にはスペアタイヤが積んでいなかった。
最近の車にはタイヤ補修キットだけしか付いていないのだ。
それだけパンクが少なくなった証左でもある。
収納スペースの数値を大きくしたい思惑もあるのだろう。

ただ、スペアタイヤなしでは不安だったので、
途中でテンパータイヤを購入していた。
ロードサービスはパンク時にタイヤ交換はしてくれても
タイヤの補修はしてくれないということを知ったからだ。

今回はこのテンパータイヤが役に立って良かった。

前にパンクを経験したのは学生時代だった。
もう、正確にいつだったか思い出せないが、
30数年ぶりの経験と言うことになる。

それだけ、タイヤが丈夫になったのだろう。
それに、道も良くなったのだと思う。

まあ、たまたま釘でも踏むこともあるだろう。
パンクは運不運で仕方ないことではある。

ただ、ちょっと釈然としないのは、今回のパンクが
新品のスタッドレスタイヤに替えた直後だったこと。
高いお金を出しただけに、唖然とした。

確かに、最初からパンクしてたわけじゃない。
年末年始に4~5回乗った。でも、距離は短い。
こんなに短い間に”たまたま”って、相当に確率は低い。

これって、タイヤ自体の瑕疵じゃないの?

そう、スバルの店で言ってはみたが、
もちろん証拠が提出できるわけでもなく、
食い下がってもクレーマーに見られそうなので、
ちゃんとお金を払って新品を買い直した。
正直なところ、納得はしていない。

うーん、スタッドレスって、パンクしやすいのかしら?

まだぶつくさ言っているが、所詮お金の問題ではある。
事故などにつながらなくて良かったという見方もできる。

ただ、ほかのタイヤもパンクしそうな気がしてしまう。
一度こういうことが起きると、心配になるものだ。

「二度あることは三度ある」は御免こうむりたい。

(2018. 1.15)

院長のつぶやき