川本眼科

文字サイズ

小 中 大

院長のつぶやき

院長のつぶやき身体障害認定基準の改正

身体障害者手帳の交付を受ける基準が改正されることになった。
現在パブリックコメント募集中だが、たぶんそのまま決まるだろう。

以前から私も認定基準がおかしいと声を上げてきた。
ホームページにもそのことを取り上げている。
読んでいただいた人も多く、反響が大きかった。

同じように考えている人は多かったのだが、改正のハードルは高く、
長い間話は進まなかった。
たくさんの人たちの尽力で、ようやく改正されることになった。
様々な配慮から、完全にすっきりとはいかないようだが、
どんな風に決めても必ず問題は残るものなので、仕方ない。

まずは矛盾と欠陥だらけだった基準が改正されることを喜びたい。
内容については、正式に決まってから、このホームページでもお伝えする。

(2018. 4.16)

院長のつぶやきスマホの買い替え

最近、スマホを買い替えた。

私はパソコン派だ。
画面は大きくて見やすいし、キーボード入力のほうが快適だから。

それでも外出時はスマホを使う。
ノートパソコンやiPadを持ち歩いた時期もあったが、やめた。
何と言ってもスマホのほうが圧倒的に軽い。
それに、大抵のことがスマホで用足りてしまう。
ユーザーが多いから、スマホ用にサイトが作られているのだ。
ニュースも見られるし、本も読める。検索もできる。

動画を見たり、ゲームをしたりするわけではないので、高性能は必要ない。
そう思って、2年ほど前に「格安スマホ」に替えた。
UQmobileという会社。機種は韓国のLG電子の製品。
私の用途では、性能に不満はなかった。
月の通信料は約8千円から2千円以下に激減した。

誤算だったのは、最近アプリを追加できなくなってしまったこと。
ROMが少ないせいらしい。(パソコンのROMとは意味が異なる!)
困ったなあと思っていたら、「実質ゼロ円」の機種変更キャンペーン!
2年間毎月、分割払いの金額と同額の割引をしてくれる。
しかも、通信容量は3倍に、今までなかった無料通話も120分。
これは申し込むしかないと思った。

データの移し替えは大変だった。
こういうのは、自動でいっぺんにできるようにしてほしい。
なんだかんだで3日間くらいかかった。
もう、数年はこんな面倒なこと、したくない!!

今度のスマホはシャープ製。
ROMは32GBで、今までの4倍になった。
これでいくらアプリを入れても大丈夫。
画像も綺麗だし、電池の持ちも良い。

機種変更の苦労はすっかり忘れて、今は悦に入っている。

(2018. 4.13)

院長のつぶやき入試出題ミス救済処置への疑問

入試出題ミス救済処置への疑問

国立大学の入試で出題ミスが相次ぐ。
ミスが発覚すると「救済処置」が取られる。

救済処置は一般的に
「その問題を全員が正答したと取り扱う」
という形で行われる。

この救済処置は相当問題がある。
その問題を解くのに時間を費やした人は
他の問題を解く時間が足りなくなったかも知れない。

出題ミスのために正答がなくなり、
受験生を惑わせた可能性は十分あると思う。

マークシート式では見極めは難しい。
「全員を正答とする」しかないかも知れない。

だが、記述式ならば、解答を丹念に調べれば、
ある程度思考過程をたどることができる。
それに基づいて部分点を与えるべきだ。

部分点方式も完全に公平な救済処置ではない。
それでも全員正解よりは公平だと思う。

ただし、部分点方式は時間がかかる。
1枚1枚丹念に解答を読み直すのは大変だ。
全員正解なら、時間はかからない。

要するに、大学側が手間暇を最小限にするために
全員正解にしていると推測している。

(2018. 2.25)

院長のつぶやき予約制導入から1ヶ月

ネット順番予約制を導入してから1ヶ月が経った。
当初スタッフも慣れていなかったが、今は軌道に乗った。
この制度の概要は次の通り↓

・スマホ・ケータイ・パソコンで順番が取れる。
・順番が取れるのは当日朝7時から。
・「あと8人」になったところでメールが届く。
・1番~8番は予約なしで直接受診した方に割り振る。
・9番以降は予約/直接受診に交互に順番を割り振る。

事前に患者さんの声を伺ったところ、
「スマホもパソコンも持っていない」
「面倒くさいから今まで通りにして欲しい」
などの意見を多くいただいた。

確かに眼科では高齢者が多い。
高齢者はインターネットなんかやらない人も多い。
小児科や耳鼻科なら若い患者が多い。
若い人はネット予約に抵抗がない。
科によってこの辺が大きく異なる。

そこで、「予約なしでも不利にならない」を目指した。
このやり方では、予約の方を優遇していない。
「予約なしで直接受診した方」に厚く配慮している。

実際、予約なしでも待ち時間は今までと同じだと思う。
その反面、予約を取ってもかなり待たされる。
つまり、予約するメリットがあまり大きくないと言える。

その結果、予約を取って受診される方はかなり少ない。

私はそれでも構わないと思っている。
ごく一部の方が予約するだけでも分散効果はある。
予約した人たちは診療所の外で待って下さる。
混雑のピークが抑えられ、待合室の混雑も緩和する。

予約すれば、少なくとも診療所での待ち時間は減る。
仕事や家事などをしながらメールを待てば良い。
診療所で延々と待たされるより、多少は気が楽だ。

「予約/直接受診に交互に順番を割り振る」
この制度設計だと、必然的に
予約する人が少ないほど、予約した人は得をする。
逆に大多数が予約した場合、直接受診が得になる。

現実には予約する人が少ないので、予約は有利だ。
将来予約制が周知されると変わるかも知れないが。

(2018. 2.04)

院長のつぶやき岡井崇先生の葬儀

昨日東京の青山葬儀場で岡井崇先生の葬儀が執り行われた。
私も参列して献花してきた。

東大産婦人科で周産期医療、超音波診断に取り組んだ。
昭和大学教授となって後進を育成した。
産科医療保障制度の創設と運営に尽力した。
産科医療の問題点を広く世の中に訴える小説3作を著し、
2作はテレビドラマ化されて反響を呼んだ。
昭和大退官後は愛育病院の院長として活躍された。

皇太子妃雅子様の超音波担当医でもあった。

本当に、いつも患者さんのことを考えている方だった。
1人1人の患者さんに、いつも丁寧に接した。
決して手を抜かなかった。
いつも外来は混んでいて、外来の大幅延長は日常茶飯事だった。
日本の産科医療を良くするために奮闘努力を続けた。

患者さんからは信頼され、医師からは尊敬され、みんなから愛された。

---

葬儀にはものすごい人数が集まった。
本会場にはとても収まらず、
急遽ビデオ中継を流す会場が作られた。
そこには座席はなく、全員立ったまま。
そのビデオ会場にさえ大勢の人が入りきれず、
寒い中、会場の外に献花だけするための長い列ができた。

私は45分列に並んで献花してきたが、
後ろには果てしなく長蛇の列ができていて、
いつ終わるのか全く分からないほどだった。

こんなにも多くの人がその死を悼んだという事実が
岡井先生の人徳と多方面にわたる活躍ぶりを示している。

---

岡井先生、先生ほど患者思いの医師を私は知りません。
先生には本当にたくさんのことを教えていただきました。
患者さんへの丁寧な説明には頭が下がりました。
かつて先生の診察するお姿を見て範としたいと思いました。
今、先生の境地には遙かに遠く、忸怩たる思いがいたします。

これからも先生の診療姿勢を目標としていきたいと思います。
先生、お疲れさまでした。安らかにお休み下さい。

(2018. 1.22)

1 2 3 4 5 6 64

院長のつぶやき

最近の投稿
2018年4月16日
身体障害認定基準の改正
2018年4月13日
スマホの買い替え
2018年2月25日
入試出題ミス救済処置への疑問
2018年2月4日
予約制導入から1ヶ月
2018年1月22日
岡井崇先生の葬儀
2018年1月15日
40年ぶりにパンクを経験
2018年1月15日
下半身の話題3つ
2018年1月12日
成人式・卒業式と商売
2017年12月17日
スタッドレス
2017年12月17日
広告ブロック